Japan Ladies Tennis Federation

Japan Ladies Tennis Federation

各委員会の紹介

女子連の進む道

会長 飯田 藍  

女子連のモットーは「希望と調和」
 たゆまぬ歩みを続けて半世紀に近づきました。基本理念の女性の社会的基盤の拡充は道半ばですが、47都道府県支部の活動は地域活性に寄与しています。
 組織の構成員は「誰の為に何の為に」を大切に考えていきます。思慮深い思いやりと優しさを一人一人が心して活動していくことで、テニスの楽しさを伝えられると思います。
現状の充足に喜びを感じるだけでなく、それぞれのリーダーが5年先、10年先の組織のあり方を模索し、社会と遊離することのない活動を決めていきたいものです。将来への展望を提示し、努力をして下さい。
 より良い環境を整えるのは簡単なことではありませんが、それぞれの立場を理解し気遣いを忘れないことで調和が生まれ、力を持ちます。言葉は心を伝えますが時には独りよがりの暴力にもなり、気遣いが行き違ってしまう危うさも含んでいます。つながる豊かさを大切にしていきたいものです。
 錦織圭選手の大活躍は社会現象をもたらし、テニス界はメディアにも注目されています。才能が開花し一人のスターが誕生する裏には、多くの先輩達の積み重ねた環境とたゆまぬ協力が長く続いているという事です。育んできた結実を大切にして、子どもと親と若い力を結束した新たなスタートです。「ファミリーエンジョイテニス」を盛り上げていきましょう。女子連は「幼児からシニアまで」を関われる唯一の組織にです。どうか会員の皆様にはテニスの楽しみと共に、各支部の運営への協力をおおいに期待しております。2015年〜2017年の50周年に向けての活動は、他団体との協力も視野に入れます。2020年のオリンピック、パラリンピックへでのボランティア活動もしましょう。 女子連のモットーは、“大好きなテニスを通して、未来への希望と仲間との調和を大事にする。一人一人が大切にされ、優しさと思慮深さを持つための努力が出来るよう。グッドラックを目指して!!”


『輝かしい女性スポーツ テニスの魅力を伝えましょう!』

副会長 武正 八重子  

 日本女子テニス連盟は今年で48年を迎えます。創設当時から、大先輩の築かれてきたボランティア精神の活動を受け継ぎ、輝かしい女性の力を結集して更なるテニスの普及発展に努めております。活動内容は、社会貢献の一環として難民教育基金への寄付、車いすテニス、ブラインドテニスのハンディーキャップテニスへの協力や乳がん撲滅のピンクリボン運動にも力を注ぎ1人でも多くの方々の幸せを願い一層力を入れて行きます。また、デ杯、フェド杯と世界で活躍する日本選手を応援しております。
 日本のテニス界は、錦織 圭選手の大活躍で大変活気が出てきております。未来に羽ばたく子供達に夢と希望を与えてくれました。これを機に、日本のテニス人口が増え東京オリンピック・パラリンピックにとつなげて行きたいものです。
 日本女子テニス連盟は、3歳から90歳まで3世代ファミリーのような幅広い年齢層がテニスを楽しめる団体です。3歳から6歳を対象にしたファミリーエンジョイテニス、全国親睦テニス講習会サエラ、井上早苗杯GOGOテニスフェスティバル、会長杯グリーン・ヴィーテニス、桑名杯レディーステニス大会、日韓親善女子テニス大会、賛助後援会一泊親睦テニス旅行会、クレストレディーステニス大会等たくさんのイベントを開催しております。
 これからも、日本女子テニス連盟会員すべての方々が相手の事を思いやり優しい心で接し、テニスを人生の友として、また日本女子テニス連盟の役割を互いに共有し理解しながら地道にテニスの普及に取り組みたいと思います。そして、一人でも多くの会員の方々が、“テニスに出会えてよかった!テニスを続けて良かった!テニスの友達仲間が増えた!テニスをすることでライフスタイルが充実した!”と思っていただけるような輝く女性であり続けて日本女子テニス連盟の活動を皆様と共に進めていきたいと思います。
 日頃よりご協力頂いている公益財団日本テニス協会様、各企業様、賛助会員の皆様、全国の会員の皆様方に心より感謝申し上げますと共に、さらに皆々様の一層のご協力を心よりお願い申し上げます。


就任挨拶

理事長 小泉 弘子  

 今年度より理事長の職を拝命いたしました。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 当連盟には、小さなお子様からシニア世代まで幅広い年代層へのテニスの普及、様々な大会並びに親睦会の開催、テニス界への協力、社会への貢献等々の活動内容があります。取分け会員の皆様に沢山の仲間とテニスを楽しみ、成長し、心身共に健康で過ごせる環境を更に整えて参ります。併せて、車いすテニス、ブラインドテニス等、サポートを必要としているテニスの仲間への支援を通じて社会貢献を進めることを願っています。これらの活動も含めて、しなやかで温かい日本女子テニス連盟、笑顔の輪が大きく拡がって行く組織でありたいと存じます。理事長として、支部と本部が心をひとつにして目標に向かっていけるよう、諸課題に精一杯力を尽くして参ります。そのためにも会員の皆様の素敵なアイデアは勿論のこと苦言、困り事等何なりとお知らせ下さい。今、日本のテニス界はメディアの注目を集め熱くなっています。これを機会に私達もよりいっそう飛躍出来るよう頑張って参りましょう。