Japan Ladies Tennis Federation

Japan Ladies Tennis Federation

各委員会の紹介

大会協力委員会

 日頃より各都道府県会員の皆様には、大変お世話になっております。
 大会協力委員会の仕事は、その名の通り大会の開催をアシストする仕事です。
 現在は、デ杯・フェド杯・ジャパンウィメンズなど試合のアシスト、princeレディーストーナメント・ヨネックスレディースチャレンジカップの窓口業務やルールブックの販売・東レPPOのチケット販売を担当しています。今後は、2020年オリンピック・パラリンピック大会の成功に向けてのボランティア活動を目標としてます。今年は、新しく各HCT(ハンディキャツプ)大会の視察や、またボランティアとして参加をして、女子連の組織を基に何が出来るのかを考えてみようと委員の方々と検討いたしております。皆様のご意見、アドバイスなどありましたら是非こちらまでお願い致します。

大会協力委員会 委員長 海田 久美子            
副委員長 モラレス 由井 マリー       
会 計 榎木 敏子             
委 員 飯田 悦子(PPOチケット)     
松村 紀子(prince・ヨネックス)  
中田 幸代(ルールブック)     
渋川 通江(PPO/P&S)         

Prince レディーステニストーナメント

 この大会は、グローブライド株式会社との共催で、日本女子テニス連盟の各都道府県支部の主催により開催される大会です。各支部の状況により開催を決定している為、毎年約16~18支部で実施されています。
 Princeラケットの使用が参加条件となっておりますが、お持ちでない方でもモニターラケットが用意されますので、参加する事ができます。


YONEX レディースチャレンジカップ

 平成26年から、ヨネックスレディースチャレンジカップへの大会協力が決まりました。