Japan Ladies Tennis Federation

Japan Ladies Tennis Federation

連盟の活動 > 日韓親善女子テニス大会

親睦と交流、大会開催

国際親善女子テニス大会

日韓親善"

 1967年に発足した日本女子テニス連盟の活動行事としては、二番目に歴史のある事業であります。様々な時代背景の中で日韓親善交流女子テニス大会がこれまで回を重ねて来られたのも、諸先輩方々のテニスを通じて人と人との友情によって育まれて来たのだと感じております。
 これまで日韓両国が築いてきた国際親善の心を大切により良くして行けるよう委員長として努力いたします。

国際親善委員会 委員長  藤村 百鈴  
        委 員  三嶽 紀子  

  第37回日韓親善女子テニス大会 報告

 去る5月30日から6月1日、第37回日韓親善女子テニス大会が、新緑の美しい東京昭島、昭和の森テニスコートで開催されました。
 韓国選手団は、2年ずつの参加となる為、第36回と同じメンバーでの来日、武正会長率いる日本選手団は、クレストカップ、各カテゴリー優勝者(オープンクラスは自己都合による不参加のため、第4位の中川、川口ペアに変更)で構成され、60歳以上代表の岡、長崎ペアも連続の参加となり一年振りの再会を喜ぶ温かい雰囲気の大会となりました。
 30日の歓迎会では、両国の出し物で盛り上がり、日本選手団は踊りの最後に韓国語で「ようこそ日本へ」と書いた横断幕で歓迎し、とても喜ばれました。お互いに練習してきたダンスを向かい合って踊り、友好を深めました。
 31日の大会では、温かさの中にも緊張感のあるスタート、リベンジに挑戦したNO.3の岡、長崎ペアは、終始息のあったプレイは変わらず、善戦しましたが、一歩届かず敗退。NO.2の対戦は、パワーの韓国ペアにテクニックの清水、三木ペアが対戦。スピードに慣れてきたセカンドセットはタイブレークにもつれ込みましたが、決定力の僅差で、残念ながら敗退。残るNO.1の中川・川口ペアは若さと勢いで相手を終始圧倒、途中追い上げられましたが、タイブレークで逃げ切りました。結果は一勝二敗で負けはしましたが、どの対戦も見応えがある素晴らしいものでした。
 緑の多い落ち着いた会場と私たちのささやかなおもてなしに韓国女子連の皆様はとても喜んでくださり、来年の第38回大会(韓国開催)での再会を約束して閉会しました。
 テニスを通して異国の方々と交流でき、テニスの素晴らしさを実感できた大会でした。

国際親善委員会 委員長  藤村 百鈴  
        委 員  三嶽 紀子  

大会結果


      日 程:2018年5月30日(水)~6月1日(金)  大会日 5月31日(木)
      会 場:東京都昭島市 昭和の森テニスセンターインドアテニスコート

韓国 2-1 日本
団 長
監 督
鄭 禧子
韓 允子
  武正 八重子
樗木 聖
NO.1 金 英子
尹 海卿
3-6
(1)6-7      
中川 麻衣
川口 美沙
NO.2 李 賢淑
金 英姫
6-2
      7-6(5)
清水 志津子
三木 真美
NO.3 元 民旭
曹 仁京
6-3
6-2
岡 美和子
長﨑 慶子

Photo Album


韓国チーム 日本チーム
日本・韓国の選手団 No.3対決
No.2対決 No.1対決
タイブレーク前の作戦会議  
試合終了後は、両国和やかなムードに
紅白エキシビションマッチも和気あいあい 韓国の勝利で閉会式
歓送迎会も盛りあがりました!

日韓親善女子テニス大会 結果報告